2010年11月09日

リフレクソロジストになるには?

リフレクソロジーの施術を行う人は、
『リフレクソロジスト』と呼ばれます。

一般的に、この『リフレクソロジスト』になるためには、
リフレクソロジー団体や協会、またはスクールが行っている
カリキュラムで指導を受けます。
(カリキュラムの内容は、それぞれオリジナルです)

このカリキュラムを終了して、
試験にも合格することで認定証がもらえます。

リフレクソロジストの多くは、
3ヶ月〜1年の期間スクールで学んでいます。

スクールによっては、卒業後の就職活動で、
系列サロンに斡旋してもらえる所も存在するので、
入学の際には、確認しておきましょう。

リフレクソロジストというのは、民間資格のため、
カリキュラムの内容・講義時間などに明確な取り決めがありません、
また、費用もそれぞれの講座によって様々です。

沢山の講座があって分からなくなりそうですが、
数が多いからこそ、自分にピッタリの講座あると思います。

自分の理想とするリフレクソロジーは、どういったものなのか?

まず、その理想像を明確にすることから始めましょう。

【PR】
マッサージ 大阪
港区 出張マッサージ
posted by ザキヤマ at 19:48| リフレクソロジーについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月03日

リフレクソロジーの準備

リフレクソロジーには始める前の
手技というものがあります。

この手技というのは、まずは足を良く揉みほぐし、
リフレクソロジーしやすい足にする方法です。

手技は、やり始める前に、
まず支える手を刺激する指を、
しっかりと確認する必要があります。

支える手とは、名の通り足を固定し、支える手で、
刺激する指というのは、反射区を実際に刺激する指です。

リフレクソロジーには始める前に行う手技は、
リラクゼーションとストレッチを兼ねたオープンチェストです。

これは、、人差し指、中指、薬指で足の甲の指から下の部分を支え、
足の裏を親指で押さえながら、折り曲げるように2回刺激します。

これをリフレクソロジーを始める前に両足に行いましょう。

次に、親指一つ分くらい下の間隔を同じように
2回折り曲げるようにして刺激しましょう。

これは、リフレクソロジーを始める前にやっておく、
いわば足の裏の準備体操のようなものです。

リフレクソロジーを始める前に
この体操をするとより効果が上がるので、
興味のある方は試してみましょう。
posted by ザキヤマ at 19:10| リフレクソロジーについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月30日

リフレクソロジーで毎日健康

リフレクソロジーは、体の不調の原因を探っていく施術です。

ですから施術の際は、体が抱えているダメージを
即座に探りあてることが必要となります。

そしてその場で、不調の原因を、
やさしくマッサージすることで改善していきます。

足のむくみが気になる、ちょっと体がこっていると伝えて
リフレクソロジーサロンで施術を受けると、
自分でも意識していなかった器官や臓器の不調を
ズバリと探られることもあります。

すると、リフレクソロジーの施術を受けた人は、
自分の体調に気がつき、生活を改善出来るようになります。

考え方によっては、リフレクソロジーは、
手軽に受けられる健康診断のような役割を担うことが出来るのです。

今、病院に行くほどでもない不調を感じている方は、
リフレクソロジーサロンに行くことをオススメします。

リフレクソロジーで、自分の体の不調を探り改善することで、
これからの自分の生活を健康的なものにしましょう。

なによりも、ストレスや、様々な病気の原因を、
その場で解消出来るのは、大変魅力的だと思います。

また、リフレクソロジーは、定期的にを受けることで、
健康を保つことが出来るので、毎日、不調を我慢しながら生活するより
リフレクソロジーを受けて体を立て直すほうが良いでしょう。
posted by ザキヤマ at 15:23| リフレクソロジーについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。