2011年07月11日

アロマオイルの使い方E

アロマオイルは、上手に使うことができれば、
すばらしい効果をもたらしてくれます。

◆冷暗所で保管
精油は光や熱、空気、湿気などの影響を
受けやすくなっているので、
成分が変化してしまう可能性があるのです。

使用後は、バスルームなどに
置かないようにしましょう。

高温多湿になる夏は、
精油を冷蔵庫に入れても大丈夫です。

<地域別の癒しのマッサージ情報>
出張マッサージといえば大阪の港区でしょう
鳥取で受ける癒しのマッサージ

◆使用期限を守るように
通常、柑橘系の精油は1年未満とされています。

ほかの精油の場合は2〜3年のようです。

開封したら、なるべく早い目に
使い切るようにしましょう。
posted by ザキヤマ at 14:23| アロマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月28日

アロマオイルの使い方D

アロマオイルは、上手に使うことができれば、
すばらしい効果をもたらしてくれます。

◆病気治療の代用にはしない
アロマセラピーは、身体や心の不調を和らげて
自然治癒力を高めることができて、
健康な身体づくりに、とても役に立ちます。

しかし、アロマセラピーによって
病気を治そう、という考えはとても危険なのです。

不調が続いている場合は、
早めに病院に行くようにしましょう。

<地域別の癒しのマッサージ情報>
出張マッサージは枚方市で人気があります
オススメのリンパマッサージ店を淀川区にあります

◆火気に注意
精油は引火してしまう可能性もあるのです。

注意しながら使用するようにしましょう。
posted by ザキヤマ at 11:44| アロマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月25日

アロマオイルの使い方C

アロマオイルは、上手に使うことができれば、
すばらしい効果をもたらしてくれます。

◆効能と危険性を知ってから使う
妊娠中や高血圧の人、てんかんの人などが
精油を使用する場合は、とくに注意が必要となっています。

柑橘系の精油で光毒性があるものの場合でも
紫外線の刺激などによって、アレルギーが
引き起こされてしまう方もいらっしゃるので、
注意しておきましょう。

6歳以下の乳幼児には、
アロマバスやマッサージなど、肌に触れる形での使用は
避けておいた方がいいでしょう。
posted by ザキヤマ at 18:27| アロマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。