2011年09月20日

避けるべき状況

マッサージにふさわしくない状況についてです。

禁忌の症状と称されている場合。
○当然ながら、重い病気をわずらっている時

○安静にしていなければいけない状況では、
当然の如く、刺激を与えることに危険が伴います。

○脱臼や骨折といったケガも同様にいけません。

ちなみにここで無理をすると、怪我で血管内に
血小板の塊や異物などが脳などで詰まりを起こし、
塞栓症になる可能性があります。

○皮膚にジンマシンなどの症状がある場合、
その症状が悪化してしまう可能性があります。

◇マッサージのリンク集◇
オイルマッサージ 新宿
中央区 マッサージ
posted by ザキヤマ at 12:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。