2011年04月14日

筋肉痛へのいけない処置法

筋肉痛になっている箇所へのマッサージは、
スポーツ後に行うマッサージと違って、
あまり適切とは言えません。

なぜならば、筋肉痛とは、すなわち筋肉が
損傷しているわけであって、その損傷部分を
マッサージによって圧迫してしまうという事は、
より、筋肉の損傷を深くし、回復を妨げる行為になってしまうからです。

ある程度、炎症が治まったら、患部を温めてやるなどして、
血液循環を促して回復を促進させる事が重要になってきます。

温める事は、タンパク質の合成を高めて
回復をめる効果があるそうです。
posted by ザキヤマ at 19:39| マッサージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。