2011年03月08日

アロマオイルマッサージの注意点

アロマオイルは天然由来の成分なので、危険なものではありません。
しかし、濃縮されたものなので、間違った使い方をすれば体に害を与えることもあります。
アロマオイルマッサージを行なうときには、いくつかの点に注意しましょう。

まず、アロマオイルの原液は飲まないことです。
海外では、医師の指導のもとで飲むこともありますが、間違えると肝臓や腎臓の病気になりかねません。
原液が口に入らないように注意しましょう。
さらに、子供の手の届かないところに保管するようにしましょう。

アロマオイルの原液を、直接肌に塗ってマッサージすることもダメです。
マッサージを行なうときにはホホバオイルなどを使い、1%以下にアロマオイルを薄めます。

また、柑橘系のアロマオイルでマッサージをした後に日光に当たると、かぶれたりすることがあります。
これは光感作用と言われ、シミなどのトラブルとなることがあります。
柑橘系のアロマオイルを用いてのマッサージは、夜に行うようにしましょう。
【関連する記事】
posted by ザキヤマ at 11:48| アロマオイルマッサージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。