2011年05月25日

アロマオイルの使い方C

アロマオイルは、上手に使うことができれば、
すばらしい効果をもたらしてくれます。

◆効能と危険性を知ってから使う
妊娠中や高血圧の人、てんかんの人などが
精油を使用する場合は、とくに注意が必要となっています。

柑橘系の精油で光毒性があるものの場合でも
紫外線の刺激などによって、アレルギーが
引き起こされてしまう方もいらっしゃるので、
注意しておきましょう。

6歳以下の乳幼児には、
アロマバスやマッサージなど、肌に触れる形での使用は
避けておいた方がいいでしょう。
ラベル:アロマオイル
posted by ザキヤマ at 18:27| アロマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月23日

アロマオイルの使い方B

アロマオイルは、上手に使うことができれば、
すばらしい効果をもたらしてくれます。

◆肌につける前にパッチテストをする
マッサージオイルをブレンドして使用する前には、
腕の内側などに適量を塗ってから、
パッチテストを行うようにしたほうがいいでしょう。

24〜48時間ほどそのまま放置しておきます。

そして、肌が赤くなったり、かゆくなったりするなどの
異常が感じられたら、その精油の使用は
やめておくようにしましょう。

<地域別の癒しのマッサージ情報>
アロママッサージといえば港区で堪能できます
人気があるリンパマッサージ店が倉敷市を元気にしています
posted by ザキヤマ at 12:35| アロマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月11日

楽しみ方、方法紹介

アロマの香りの楽しみ方をいくつかご紹介します。


蒸気を吸入する方法

蒸気の吸入は、喉や鼻の炎症や風邪の諸症状・咳の治療に、
消毒用として、顔面蒸気浴が効果的です。 

体や顔に湿布する方法

温湿布は、緊張を緩和し、
筋肉のこわばりを排除します。

ストレスを軽減させる
驚く様な効能があります。

皮膚の毛穴が開く為、
速い精油で、深くに染み渡ります。

腰や肩・手足等、
疲れている箇所へ湿布しましょう。
posted by ザキヤマ at 16:02| アロマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。