2011年03月08日

アロマオイルマッサージの注意点

アロマオイルは天然由来の成分なので、危険なものではありません。
しかし、濃縮されたものなので、間違った使い方をすれば体に害を与えることもあります。
アロマオイルマッサージを行なうときには、いくつかの点に注意しましょう。

まず、アロマオイルの原液は飲まないことです。
海外では、医師の指導のもとで飲むこともありますが、間違えると肝臓や腎臓の病気になりかねません。
原液が口に入らないように注意しましょう。
さらに、子供の手の届かないところに保管するようにしましょう。

アロマオイルの原液を、直接肌に塗ってマッサージすることもダメです。
マッサージを行なうときにはホホバオイルなどを使い、1%以下にアロマオイルを薄めます。

また、柑橘系のアロマオイルでマッサージをした後に日光に当たると、かぶれたりすることがあります。
これは光感作用と言われ、シミなどのトラブルとなることがあります。
柑橘系のアロマオイルを用いてのマッサージは、夜に行うようにしましょう。
posted by ザキヤマ at 11:48| アロマオイルマッサージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月05日

鼻の黒ずみを解消するマッサージ

目立つ小鼻の黒ずみは、皮脂の過剰分泌が
古い角層細胞に角栓となって詰まった証拠です。

お風呂タイムに、毛穴を開きいて、
角栓を除去しましょう。

このマッサージ方法は、
即効性があるのでオススメですよ。

〜鼻の黒ずみを解消するマッサージ〜

@湯気がたつ浴室で、鼻の上に
 熱めの蒸しタオルを1〜2分のせて下さい。
 毛穴を開く効果を発揮します。

Aオイルなどを使用して
 鼻を丁寧にマッサージしていきます。

B指の腹で鼻筋を、上下に動かします。
 皮脂を丁寧に取り除いてください。
 力を入れすぎないように注意します。
posted by ザキヤマ at 17:32| マッサージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月04日

リフレクソロジーで安眠効果

リフレクソロジーで安眠効果を促すには、

足の親指にある反射区を刺激しましょう。

足の親指を、支える手でしっかりと固定してから、
親指の付け根から指先までを、
まっすぐに親指に沿って、少しずつ刺激します。

また、安眠効果を引き出すためには、
寝る前にリラックスすることも大事です。

眠れないことをプレッシャーに感じると、
なかなか眠れなくなる原因になりますよ。

寝る前は、のんびりとした気持ちになりましょう。
posted by ザキヤマ at 17:38| リフレクソロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。